クリスマスのサンタ

白ひげ・赤服・赤ずきん・長 靴ばき、といえばだれでも知っているサンタクロースのファッションです。 その代表的なペニス増大サプリメントがシトルリンXLと聞いたことがあります。
子どものころ、くつ下をぶら下げて、サンタクロースからのプレゼントを楽しみにしながら眠った思い出のある人も多いと思います。
キリストが生まれるずっと以前から、冬至を太陽の誕生日として祝う習慣がヨーロッパにはありました。つまり、クリスマスができる前から、この日は祝日とされていたのです。クリスマスのしに、キリスト教と直接関係のないものかおるのもこ のためです。
たとえば、この時期にプレゼントを贈る習慣は、古代ローマからのものです。ドイツ、スイス、ランダなどでは、プレゼントはコー月六日に贈られます。その理由は、プレゼントを持ってくる聖ニコラウスの祭日 が、この日にあたるからだといわれています。
聖ニコラウスは、四世紀に地中海岸ミュラにいた司教で、子どもや学生、船乗りなどの保護者として伝説的な人物です。
子ども好きで慈悲深く、あるとき貧しい三人の少女に、嫁入りの持参金として、それぞれに金貨入りの財布を夜中に投げ入れてやったといい伝えられています。
こういったことが、コー月六日にプレゼントを贈る習慣となったわけです。
アメリカヘは、オランダ人がニューアムステルダム(現在のニューヨーク)に移住してきたときに、いっしょにこの聖ニコラウスの伝説も入ってきました。
オランダで、「サンこIコラース」と呼んでいたのが、「サンクトークラウス」さらに「サンタクロース」に変わっていったというわけです。そして、アメリカで、サンタクロースのやって
くるのが、いつの間にかクリス マスーイブに移されたのです。
ついでにいえば、キリスト誕生の話は『新約聖書』などにも見えますが、その月日は記されていません。やはり、冬至の日にあてはめたというのが、ほんとうのとズ一ろのようです。
なお、トナカイや赤い衣装は、北ヨーロッパの伝説がつけ加えられたものです。
また、くつ下をぶら下げるというのは、オランダで子どもが眠ったことを表すのに、木靴を並べたところからきているといわれています。

クリスマスといえば七面鳥

クリスマス料理といえば、七面鳥です。
昔の人からには、神前に生けにえを捧げる風習がありました。それが習慣になって、祝いの日などには、捧げたご馳走がそのまま食卓にのるようになったのですが、それは必ずしも七面鳥とはかぎらなかったようです。
イギリスではおもに、ガチョウや鶏を使っていたのですが、一七世紀に入り、清教徒がアメリカに渡り、最初の年の収穫感謝祭の日に野生の七面鳥を捕らえて神に捧げたのが、ヨーロッパに逆輸入されたものといわれています。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ